スケートボードデッキの選び方

まったくのスケートボード初心者の場合、初めの一本は選ぶ基準が分からないと思います。 逆にいうとそんなに神経質ならなくてもいいと思います。一般的には幅が太ければ安定感が増し、幅が細ければ回し易くなります。 ランプなどがメインなら幅のあるデッキ、ストリートがメインなら細めのデッキを選ぶのが、一般的です。 ただし、体の大きさや、トリックによってもデッキの選び方は変わりますので、個人の好みによるところが大きいです。 初めはグラフィックや好きなブランド・ライダーなどを基準にお気に入りの板を選んでガンガン滑りましょう。 何本かデッキを替えていくうちにデッキの特徴や自分の好みがわかってくるので 自分の好みやスタイルからイメージしてサイズやキック・コンケーブの強さ、材質、重さなどを 考えたチョイスをしてみましょう。 自分に合ったデッキを見つけるのがポイントです。 コンケーブとはデッキが湾曲した部分のことです。コンケーブはノーズアップやターンなどの コントロール性の向上を目的に採用されています。湾曲が強めだと、グリップが強く「足からズレにくい」とされ、 弱めだと「スタンス」をチェンジする際に「動かしやすい」と言われています。 ノーズとテール部分に角度の付いた部分がキック。 キックが強いとそれだけ地面との距離が離れ、オーリーの時にデッキの立ちが急になり、高さが出やすくなります。 逆に、キックが弱めだと反応が早く、「軽い」と感じます。 コンケーブやキックの強い・弱いはどっちがいいと言うものではなくて、好みの問題です。慣れていくのも大切です。 ※幅・長さ 近年、回転系のトリックが主流となり、ボードの幅が狭くなる傾向にあります。幅が狭い程軽くなりデッキを回しやすくなります。逆に広ければシューズとの接地面積も広く安定性が良くなり、 初心者の方にはお勧めです。 自分の身長を考て、背の高い人は長め、という感じで選ぶとよいでしょう。 ※サイズ サイズはインチで表記しております。 1インチ=約2.5cmです。 (例)7.5×31のデッキの場合 7.5がデッキの太さで約19cmとなります。 31がデッキの長さで約78cm 7.5というサイズは一般的に細めのデッキになります。 体の大きさや、足のサイズによって異なりますが、初めは7.5以上のデッキをオススメ致します。

ページの先頭へ