【スケートボードデッキの選び方】

【スケートボードデッキの選び方】

まったくのスケートボード初心者の場合、初めの一本は選ぶ基準が分からないと思います。 逆にいうとそんなに神経質ならなくてもいいと思います。一般的には幅が太ければ安定感が増し、幅が細ければ回し易くなります。 ランプなどがメインなら幅のあるデッキ、ストリートがメインなら細めのデッキを選ぶのが、一般的です。 ただし、体の大きさや、トリックによってもデッキの選び方は変わりますので、個人の好みによるところが大きいです。 初めはグラフィックや好きなブランド・ライダーなどを基準にお気に入りの板を選んでガンガン滑りましょう。 何本かデッキを替えていくうちにデッキの特徴や自分の好みがわかってくるので 自分の好みやスタイルからイメージしてサイズやキック・コンケーブの強さ、材質、重さなどを 考えたチョイスをしてみましょう。 自分に合ったデッキを見つけるのがポイントです。 コンケーブとはデッキが湾曲した部分のことです。コンケーブはノーズアップやターンなどの コントロール性の向上を目的に採用されています。湾曲が強めだと、グリップが強く「足からズレにくい」とされ、 弱めだと「スタンス」をチェンジする際に「動かしやすい」と言われています。 ノーズとテール部分に角度の付いた部分がキック。 キックが強いとそれだけ地面との距離が離れ、オーリーの時にデッキの立ちが急になり、高さが出やすくなります。 逆に、キックが弱めだと反応が早く、「軽い」と感じます。 コンケーブやキックの強い・弱いはどっちがいいと言うものではなくて、好みの問題です。慣れていくのも大切です。 ※幅・長さ 近年、回転系のトリックが主流となり、ボードの幅が狭くなる傾向にあります。幅が狭い程軽くなりデッキを回しやすくなります。逆に広ければシューズとの...

Read More

【トラックの選び方】

【トラックの選び方】 トラックはブランドによって乗りやすさにクセが有ります。 トラックの高さはHI(ハイ)とLOW(ロウ)があり高さが違います。 こちらもデッキと同じく人の好みですのでどちらが良いと言った事は ありませんが、Hiには55mm位までの大きさのウィールが取り付けられます。 Loには53mm程が限界となります。 トラックの幅は、デッキよりも極端に幅が狭かったり、広かったりすると調子悪いです。少し狭いぐらいでOKです。デッキの幅7.5インチ~7...

Read More

【ウィールの選び方】

【ウィールの選び方】 タイヤの役割を果たすのがウィール。 ウィールには大きさが有り、小さいものから大きな物まであります。 大きくなれば重くなりますがスピードは速くなります。逆に小さくなればスピードは遅くなりますが、軽く取り回しが出来ます。 スピード重視なら大口径ウィール、 回し系トリック重視なら細くて硬い、軽目のウィールを選ぶのが主流です。 ランプやボールを滑る方は、56mm前後の、大きめのウィールを選ばれます。 パークを利用する方などには、小さめのウィールが売れてます。 大きいウィールは速く快適な反面、フリップ等の回し技がやり難くなります。 小さいウィールはスケートを回しやすくなりますが、小石につまずいたり、路面に負けてスケートできなくなったり、 すぐにに磨り減るというデメリットがあります。どのようなスケートをするかによって変わってきますが、 とりあえず 最初は52~55mm位をチョイスすると良いでしょう。...

Read More

【ベアリングの選び方】

【ベアリングの選び方】 ウィールの内部に取り付けて使用するベアリングはスピードを左右する重要なパーツです。 ベアリングの精度はアメリカ規格のABEC1~9で表され、 数字が高い程、精度が高く回転時のガタが少ない為、スムーズになります。スケートボードで使用されるのはABEC3、ABEC5、ABEC7などです。1台のスケートボードにはベアリングが8個必要になります。 初心者でまだスピードを出さないという場合にはABEC3で良いでしょう。 よりスムーズに滑りたい場合はABEC5、ABEC7を選択してみると良いでしょう。ウェブスポのオリジナルセットにはABEC7を標準で搭載しております。

Read More

【ポリウレタン】

【ポリウレタン】 ポリウレタン(英: polyurethane)とはウレタン結合を有する重合体の総称で、通常イソシアネート基と水酸基を有する化合物の縮合により生成されます。ウレタン(-NH・CO・O-)が介する結合をウレタン結合といいます。 ウレタン樹脂、ウレタンゴムともいいます。プラスチックの分類を表す略号はPU、ゴムの分類を表す略号はUです。 抗張力や耐摩耗性、耐油性に優れるが、耐熱性や耐水性は他の合成ゴムに比べ低い。水分による加水分解や空気中の窒素酸化物(NOx)、塩分、紫外線、熱、微生物などの影響で、徐々に分解されます。分解はその素材が合成された時から始まります。 通常、グリコールを主とするポリオールと、主として2官能のイソシアネートである、ジイソシアネートを反応させて合成します。カルボキシ基、アミノ基などの官能基も併用することができ、非常に多様な性質の製品を作ることができます。ウレタンフォーム(発泡ポリウレタン)を製造するためには、発泡剤を加えて重合させます。 初期性能として抗張力や耐摩耗性、耐油性に優れるが、素材が合成された時点から劣化が始まり、高湿度下では、劣化が促進されます。 日用品で経時劣化に伴うトラブルも多い。靴に使用されているウレタンの劣化では靴そのものの破損で捻挫などの怪我を負う例が報告されています。この劣化は、使用回数などとは無関係で進みます。...

Read More

60年分のありがとうを。還暦プレゼント

今までのありがとうの気持ちを贈る為に、還暦祝いはいつもよりも頑張って豪華なものを贈ってはどうでしょうか。いくら本人が年寄りじゃないと言っていても、やっぱり特別にお祝いをしてあげないと、それはそれで寂しがられるものです。還暦からさらに何事もなく、喜寿や白寿のお祝いまで迎えたいものですから、まずは還暦祝いを成功させることから始めてみましょう。
還暦ギフトで定番ものとして人気が高いのが、お酒のプレゼントです。これにメッセージや名入れをしたり、60年前の誕生日の新聞紙などを追加して渡します。男性はいくつになってもお酒を美味しく飲みたいものですから、アルコールの摂取を禁止されている人以外はこれを贈ればたいていの場合は喜んでもらえます。お酒の種類は選択できるので、糖分を摂りたくない人の場合は焼酎を、女性の場合は抗酸化作用があるポリフェノールがたっぷりのワインにするなどのアレンジが効きます。お酒が飲めない人用にノンアルコールにしてもらうこともできます。...

Read More